2012年9月20日木曜日

ライセンスビジネスinブラジル:国産キャラの台頭

Licensing Brasilによると、2012年度は、80億レアル規模になるというブラジルのライセンス市場。その拡大には、国産ブランドの成長があるんだとか。

数年前までは、人気キャラクターというと、スパイダーマンやディズニーで、国産と言えば、来年50周年というマウリシオ・デ・サウザの「トゥーマ・ダ・モニカ」くらいだったそうですが、最近は、「パタチ・パタタ(Patati-Patatá )」、ウェブから火がついた「ガリーニャ・ピンタジーニャ(ガリーニャ・ピンタジーニャ (Galinha Pintadinha)」、ティーン向けのアブリルの雑誌「カプリショ (Capricho)」、また、ディスカバリーキッズチャンネルで放映中の初の100%ブラジル産アニメ「ペイショナウタ(peixonauta)」などが、人気を集め、キャラクタービジネスで成功を収めているそうです。

幼児向けは、人気キャラがどんどん入れ替わり、市場サイズは一定だそうですが、ティーンから若者市場は、規模が大きくなっているんだとか。特にコカコーラが、急成長をしているそうです。え、どこがブラジルなのよ、と突っ込みたくなると思いますが、このコカコーラは、ブラジルでCoca Cola Clothingとして、「マリア・ボニータ・エキストラ」や「レニー」なんかと一緒にファッション・リオのランウェイにも登場するハイファッションブランドになったりしてるのですよ。街でスナップを撮らせてくれたモデルさんにも「好きなブランド?コカコーラよ」なんて言われたことがありました、そういえば。まあ、だからといって、ブラジル産とは言えないかもしれませんが・・・。

そういえば、Coca-Cola FMの1周年プロモーションが、雑誌カプリショをアンプにするって面白いものでした。JWTサンパウロ作です。
video

0 件のコメント: